濯流(かんりゅう)

濯流(かんりゅう)とは、生体の血管内や組織・器官の表面に液体を流すこと。

血液濯流や表面濯流などの呼び方もある。なお,「直流」は「潅流」という漢字が用いられることもある。 腹膜濯流ならば,腹腔内に透析液を流して貯留させることで時間をかけて老廃物を濾過する透析方法を示す。皮膚組織濯流圧(skin pe血si。n pressure : SPP)ならば,皮膚における血液の微小循環を示す指標であり,皮膚レベルの血流評価として測定される。

-Sponsored Links-